Return to site

夜のジョギング

· 日記

 ここ2週間小5の息子が夜ジョギングに行こうと誘ってくれる。運動不足解消にはもってこいのタイムリーなお誘いに当然喜んでのっていきます。金沢マラソンに出ようとかって考えではないのです。自分から俺は思春期だと言い始めながらも父親と一緒にスポーツをしてくれる。すぐ近くの公園までの往復だけなのですが、お風呂の中よりも本音で話してくれる気がしてうれしくなります。折り返し地点の真っ暗な公園に着くとまずはブランコをして遊びます。柵を飛び越えてみようとか、靴をどこまで飛ばせるのかとか。続いて鉄棒。息子に言わせるとこれがメインだそうで、最近学校でサラッと逆上がりができなくなり悩んでいるそう。夜なら人目につかずに練習ができるからコーチをしてほしいのだそうです。大した自慢ではありませんが小学校から体育の成績が良かった私からすると逆上がりは助走(勢い)なしでもゆっくり回れます。腕力がありコツをわかっている人は蹴り上げの力が少なくても回れるが、息子は思い切り勢いをつけないと無理です。低学年時の体が小さいころにサラッとできていたのに、下半身が重たくなったのかな?2回連続で出来る日もあれば、全くできない日もあります。力の入れ所やら腕の角度やらをコーチしますが毎回バラつきがあります。本人の悩みが増すばかりなのでソコソコで切りあげ、また復路を走ります。自分が小5だったころの悩みはどんなことだったっけ。ほんの一時期いじめられた事、好きだった女子の事…。手に付いたサビっぽい鉄棒のにおいで想い出がよみがえって来るので、毎回復路は2人とも黙って走ります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK